尼崎市民活動図鑑2019に参加しました

10月23日(水)に梅プラザで尼崎市職員の入職三年目(と希望する職員)を対象とした尼崎市民活動図鑑2019に参加してきました。

これは市内で活動する各種団体と市職員とを結び付ける事を目的として開催されている企画で、数年前から定期的に開催されています。

C4AMAも有り難い事に度々招待頂きまして、今年も参加させて頂きました。
今年は市内の18団体が集まって、商店街や、チャリティーショップや、運動会や、子供の居場所等々…様々な団体の活動が紹介されました。

C4AMAも有り難い事に度々招待頂きまして、今年も参加させて頂きました。
今年は市内の18団体が集まって、商店街や、チャリティーショップや、運動会や、子供の居場所等々…様々な団体の活動が紹介されました。

紹介団体が多かった為に自己紹介の時間は二分しかありませんでしたので、ちょっと早口で自己紹介して来ました

皆様、初めましてC4AMAのただと言います。 
C4AMAはITを利活用してまちの課題を解決しましょという団体になります。 今日は二分しか有りませんので、超机上の空論で待機児童課題解決のデモを行ってみ様と思います。
市のサイトによりますと、尼崎市では今年度148人の待機児童が居るそうです。 ここに5名のお子さんを預かれる認可保育園が有るとします。 内訳は長期の年度単位の定員が3名 短期日の一時預かり定員が2名 この施設では最大5名のお子さんをお預かりできる能力が有るとします。 ITを使ってこれを6名7名に出来る訳では有りませんが、例えば年度単位のお子さんが風邪で休んだ場合 市民としては5名預かれる所に4名しか預かってへんなら、もう1名預かって欲しいという思いが有ります。 施設の方針や制度上、そういう事は出来ないかもしれませんが、もし出来るなら、それにはどの施設でどれだけの空きが有るというデータが必要になります しかも当日ですのでリアルタイムデータになります 今の所尼崎市では市内の一時預かりの空き定員のデータは公開されてない様です。 もし皆さんがこのデータを公開してだれもが自由に使えるオープンデータという形にして頂ければ 今回の話は認可保育園ですが、民間や認可外保育園との連携が出来る訳です つまり、尼で今日は何名預かれまっせというのが解る様になるんです…わくわくしますね
まぁこれは机上の空論なんで実現はしないかもしれまんせが、簡単に言うとこの様な活動を通じてまちの課題を解決し様と試みている団体です。

ちょっと二分を越しましたが…だいたいこんな事を話してきました。

自己紹介の後は、各職員毎に興味の有る団体に集まって、疑問質問等色々詳しくお話して来ました。
皆さん各部署によって色々なデータを持っている筈なので、こんなデータが有ったら、役に立ちますね
とか

他にもプログラミング体験のイベント紹介や、他自治体での活用事例等も紹介してきました。
ちなみに卓上に広げているは尼崎のOSMのA0サイズの地図です。
©OpenStreetMap contributors
のクレジットさえ明記すれば自由に使える地図も紹介してきました。お陰で、市の発行するチラシ等にも採用される事が増えました。

他には普段のパソコン業務(主に表計算ソフト)で、定形業務が有る場合
作業が決まっていて、機械が代行出来るのであれば、自動的に作業さす事が出来ますよ〜
その方法はC4AMAでお教えしますよ〜
とか
ITでも出来る事と出来へん事が有るので、先ずはお気軽にご相談下さい。
というのをお伝えしてきました。

そんな事で無事に終わった市民活動図鑑2019
次回の定例会に市職員はお越しになるのでしょうか…楽しみです。

次回の定例会は11月7日(木)20時〜21時です。
場所は市内の何処か…今の所未定です。
追って連絡しますので、お楽しみに〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中